2017年09月16日

迷子石(梶よう子)

見習い医師・孝之助は、趣味で版画絵を描いている。「富山の薬売り」が売る薬に付けるおまけ絵だ。絵で小遣いを稼ぐ、宙ぶらりんのおまけ者のつもりが、偶然、富山藩の存亡に関わるお家騒動に巻き込まれる。江戸家老の大陰謀を国許に知らせねば。そこで孝之助が思いついたのが版画絵を二枚使った巧妙な細工だった―。見習い医師は、藩を救えるか。本格派時代小説作家の、ミステリー時代長編。
(太字はBOOKデータベースより)

時代小説は好きだけど、歴史は苦手なので、虚実織り交ぜた小説の場合、どこからが虚構なのか境界線が曖昧になってしまいます。

読後、改めて検索してみると、お家騒動自体は本当ですが、小説ほど利聲は悪辣でもなかったような気がしました。

どちらかと言うと地味な小説で、前半は主人公の覇気の無さに退屈しますが、後半は手に汗握る展開となります。

クライマックスは勧善懲悪でバタバタっとまとまった感じですが、主人公の成長を応援しながら楽しめる作品でした。

訪問いただきありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村


小説(読書感想) ブログランキングへ
広告











posted by 図書室2014 at 19:08| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク